物件の維持管理

世間一般に言われる不動産投資とは、

家賃としての収益を獲得することです。

収益を維持し続けるには物件を

常に維持管理しておくことが重要になってきますが、

その建物管理など、だいたいのことは

不動産会社が代わりに実施してくれます。

不動産投資で使う利回りを細かく見ると、

全部屋が埋まっている状態での

年間に得られる収入から計算するグロス利回り

あるいは表面利回りというものと、

コストを引いてから計算する実質利回り

またはネット利回りというものに分けられます。

家賃保証をするサブリースは、

アパート・マンションなどの家主と

サブリース業者との間で契約のもとで実施される

一種の転貸借なわけで、常識的なアパート経営とは別物です。

なので、サブリースのマイナス面などもしっかり確かめておいてくださいね。

アパート経営のメリットは、

マンション投資時に考えられるような

「エリア特性により違ってくることがあまりない」

ということだと思います。

マンションの数がとても少ない地区でも、

そこに建設されている物件に投資可能だと思います。

収益物件の良し悪しを判断するという場合は、

利回りの数値を念頭に置きつつ、

賃借する側の都合も考えに入れるようにしてください。

何が言いたいかと言うと、人間味のある感覚が大事っていうことです。

マンション経営において一番いいのは、

賃借人がそのまま購入してくれることだと言っていいでしょう。

なので、きっちりと管理体制の整っているマンションを選択するのが大事だと思います。

ビギナーでもやってみていいのは、

リスクが非常に大きい海外不動産投資などではもちろんないです。

日本の国内で不動産を買って、

その不動産の賃料のような収入を柱にした、

よくある不動産投資だけだと心得てくださいね

不動産投資セミナーに参加するなら、

開催している会社および講師をする人がしっかりしたものがおすすめです。

過去何回も催されてきたセミナーもありますので、

参加者の評判を探ると安心できると思います。

不動産投資に関して言うと、

個人保有の物件を販売するというケースもありますが、

こういったバブル景気時期のような売買差益を狙う投資ではなく、

本気で家賃収入を追うというとても簡単な投資です。

資産運用の対象になる収益物件としては、

既に賃借している人がいることから、

購入した時点から家賃収入が見込める物件も多々あります。

その場合、欠点として、

室内を自分の目で確かめるということは無理だと心得る必要があります。

不動産物件の賃貸経営は、

不動産の賃貸から生まれる賃貸料を最優先に考える不動産投資の一つです。

買い値より高く売って利益を出す投資法ではないと考えてくださいね。

不動産投資がスムーズに進展し始めれば、

大方の業務はメンテナンスをお願いした不動産会社に任せられるため、

目的としていた副業にすることができます。

こうした点が、不動産投資が投資家を夢中にさせる魅力だと思ってます。

賃料で稼ごうという不動産投資では、

収益物件の資産価値を検討するための指数として

利回りを用いることが一般的ですが、

この利回りの計算は一様ではなく、

年間賃料と購入価格で導き出す表面利回りと、

経費も計算に組み込む実質利回りの2つに仕分けられることに注意しましょう。

不動産投資をやるつもりなら、

投資先としての物件のコストパフォーマンスを

念には念を入れてチェックすることが不可欠なのですが、

そういう時に大多数の人がまず見るのが、

利回りという数値です。

都内各所で不動産投資専門の業者が運営する

不動産投資セミナーが開催されることがたびたびあり、

その大多数が“0円”で出席することができます。

毎回参加者も多く、バブル期を彷彿とさせますね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク