投資手法は千差万別

友紀です。

不動産投資のアパート経営と並ぶものとして

マンション経営を想定されるかもしれないですが、

マンション経営というのは、

マンションの一部屋単位で投資するやり方が主流だと言え、

アパート経営とは違うと言えます。

不動産投資セミナーに関しては、

中古マンションなんかのセミナーに決まっている

と信じている人も多いかと思いますが、

アパート建築用の土地を取得するといったことも含んだ

新築アパート経営について説明するようなものも多々あるのです。

ワンルームから始められるマンション経営ですが、

空き室リスクの少ないマンションは、

都心部の有名地区ばかりにある印象です。

今後価格も上がって、ますます買いづらくなると思われます。

「購入のための資金を低く抑えることができる」

と人気が高い中古を対象にしたマンション投資ですが、

どんな物件でも地方にあったらやめた方が良いと言われているのは、

地方のマンションはなかなか入ってくれる人がいない

という危険性が高いためだと思われます。

マンション経営をする場合、

間取りの変更などのリノベーションも

部屋への投資と考えることを頭に置いておきましょう。

効果的なリノベーションを行なえば、

家賃を下げずにキープすることができるかも知れないからです。

収益物件であるマンションとか

アパートとかを選ぶという時に要チェック項目となるのは、

いつごろ建てられたものかということです。

いつ建てられたのかを調べたうえで、

1981年にできた新耐震基準に沿った物件を選択することをお勧めします。

主要都市では不動産投資を専門にした業者により

企画・運営される不動産投資セミナーが開かれており、

ほとんどのものが参加費無料で参加することができます。

各会場とも受講者が多く、不動産投資の人気のほどが分かります。

不本意なことであっても、古今東西人というものは、

いつ事故に遭って入院ということになるかわからないですよね。

そんな最悪の事態に備えてマンション投資に乗り出せば、

少しぐらいは収入になるのではないでしょうか。

順調なマンション経営のために必須なのは、

外的には人気エリアであること、

内的にはセキュリティとか、

インターネットなどの設備の良さだと断言します。

立地が良くて内的にもベストな物件であれば、

空室ができてしまうリスクはあまり考えなくて済むでしょう。

アパート経営という不動産投資だと、

思ったよりも少額の手持ち資金で始められ、

入居している人数分の家賃が得られるということで、

投資効率の良い不動産投資としてやり始める方が増えています。

サブリース方式というのは、

アパートやマンションの大家と管理する

不動産会社の間で契約を取り交わした上で、

実行される転貸借と見なせますので、

ごく当たり前のアパート経営と一緒くたに考えてはいけないのです。

なので、サブリースにありがちなトラブルなども把握しておきましょう。

不動産投資セミナーもいろいろあって、

決まった人だけをターゲットにして行われているセミナーも少なくなく、

例を挙げると女性に限定して、

アパートの投資について説明するセミナーがにぎわっていたりするのだそうです。

家賃で稼ぐ不動産投資においては、

物件の投資価値を吟味する際に、

利回りという数値に着目すると思われますが、

表面利回りと書かれているものは、

年間で想定される家賃収入を投資金額で割って得られるものです。

マンション経営のポイントとして、

年間収益を投資額で除して出てくる利回りを用いることが多いようですが、

環境の全く異なる物件を利回りの一点で比較することはナンセンスです。

先々の需要が期待できない地方では、空室ができるリスクが高くて、

順調なマンション経営は困難だと言っていいでしょう。

手持ちの資金を運用しようと収益物件を買うということで探していると、

初めから入居者がいる物件にでくわすといったこともあります。

これはオーナーチェンジ物件と呼ばれ、

取得後即座に家賃収入が見込めます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク